メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党とれいわ 連携? 一線? 各党、期待と警戒と

れいわ新選組との連携を巡る他の野党の思惑

 参院選で結成直後ながら2議席を獲得したれいわ新選組(山本太郎代表)に対し、立憲民主、国民民主、共産など主要野党が連携を模索している。れいわの勢いを野党共闘の枠組みに取り込めば、次期衆院選で野党の存在感が高まるとの期待からだ。ただ、れいわが掲げる「消費税の廃止」「原発即時禁止」などで足並みをそろえるのは容易ではない。れいわの独走への警戒感も入り交じる。

 「野党で手をつないで政権交代を目指したい」。山本氏は25日、テレビ朝日の番組で、野党共闘に前向きな姿勢を示した。参院選落選を受け、次期衆院選に立候補する意向も表明。首相の座を狙う目標もぶち上げた。

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1161文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 知事、米軍に感染者数公表、一部封鎖求める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです