メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党とれいわ 連携? 一線? 各党、期待と警戒と

れいわ新選組との連携を巡る他の野党の思惑

 参院選で結成直後ながら2議席を獲得したれいわ新選組(山本太郎代表)に対し、立憲民主、国民民主、共産など主要野党が連携を模索している。れいわの勢いを野党共闘の枠組みに取り込めば、次期衆院選で野党の存在感が高まるとの期待からだ。ただ、れいわが掲げる「消費税の廃止」「原発即時禁止」などで足並みをそろえるのは容易ではない。れいわの独走への警戒感も入り交じる。

 「野党で手をつないで政権交代を目指したい」。山本氏は25日、テレビ朝日の番組で、野党共闘に前向きな…

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1161文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです