メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

労組、参院選で存在感見せる 投票率低迷の中

組織内候補の当選に向け、気勢を上げる労組関係者ら=埼玉県川口市で2019年6月24日午後8時ごろ、宮島寛撮影

 投票率が48・8%と過去2番目に低かった21日投開票の参院選では、組織票を抱える労組が一定の存在感を示し、立憲民主、国民民主両党の議席獲得に貢献した。ただ、組織力の低下に歯止めがかかったとまでは言えず、課題を残したままだ。

 両党の比例代表で最も個人名票を集めたのは、国民から立候補した新人、田村麻美氏(43)で26万324票だった。田村氏は、繊維、小売り、サービス系労組などの連合体であるUAゼンセンの候補。UAゼンセンは組合員180万人と国内最大の産業別労組(産別)だが、パートなど非正規従業員も多く、産別への帰属意識が比較的低いとされる。過去の得票は20万票以下のことが多く、連合内での集票力は「2番手グループ」とみられてきた。

 しかし、今回は2016年の前回参院選比32・8%増の過去最高得票をたたき出した。その背景に、政府の…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文1061文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです