メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院比例当選者に証書 れいわ新選組の舩後さん、木村さんにも 中央選管

[PR]

当選証書を受け取る「れいわ新選組」の舩後靖彦氏(左)=総務省で2019年7月26日午後1時半、内藤絵美撮影
当選証書を受け取る「れいわ新選組」の木村英子氏(左)=総務省で2019年7月26日午後1時31分、内藤絵美撮影

 中央選挙管理会(宮里猛委員長)は26日、総務省で、21日投開票の参院選比例代表の当選証書付与式を開いた。れいわ新選組から初当選した重度身体障害者2人を含む50人に当選証書が渡った。

 このうち、れいわの木村英子氏(54)は生後8カ月で頸椎(けいつい)を損傷。両足や左手がほとんど動かず車椅子生活を送っている。参院選では、優先的に当選できる「特定枠」で立候補した。

 木村氏は付与式後、記者団に「私の命と生活を支えてくれた多くのみなさんが起こしてくれた奇跡だ。(障害児と健常児を隔てない)インクルーシブ教育を進めたい」と抱負を述べた。

 全身の筋力が低下する筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後(ふなご)靖彦氏(61)も同じくれいわの特定枠で初当選した。舩後氏は介助者を通じて「感無量です。言葉もありません」と心境を伝えた。

 8月1日召集の臨時国会に初登院する。当選者の任期は今月29日から2025年7月28日までの6年間。【竹地広憲】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです