メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「その一票 ずっと役立ちます」投票用紙、プラ製品でリサイクル進む

樹脂フィルムを使った投票用紙(左、サンプル)が粒状のプラスチック原料(右)に加工される=東京都中央区で2019年7月5日午後5時55分、大久保昂撮影

 今年は12年に1度の「亥年(いどし)の選挙」で、春の統一地方選に夏の参院選が続いた。各地の選挙管理委員会が直面しているのが、それぞれの前回選で使った投票用紙の大量処分。公職選挙法などにより、首長や議員の任期が終われば用紙を廃棄できるためだ。かつては紙ごみとして焼却されていたが、最近は樹脂フィルムで作られ、プラスチック製品としてリサイクルする動きが広がっている。

 100万人超の有権者が暮らすさいたま市では、2年前から投票用紙のリサイクルを始めている。今年度は8…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文937文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです