メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「その一票 ずっと役立ちます」投票用紙、プラ製品でリサイクル進む

樹脂フィルムを使った投票用紙(左、サンプル)が粒状のプラスチック原料(右)に加工される=東京都中央区で2019年7月5日午後5時55分、大久保昂撮影

 今年は12年に1度の「亥年(いどし)の選挙」で、春の統一地方選に夏の参院選が続いた。各地の選挙管理委員会が直面しているのが、それぞれの前回選で使った投票用紙の大量処分。公職選挙法などにより、首長や議員の任期が終われば用紙を廃棄できるためだ。かつては紙ごみとして焼却されていたが、最近は樹脂フィルムで作られ、プラスチック製品としてリサイクルする動きが広がっている。

 100万人超の有権者が暮らすさいたま市では、2年前から投票用紙のリサイクルを始めている。今年度は8…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文937文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです