メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公費の訪問介護打ち切りの恐れ れいわ当選の木村氏 参院議運対応協議

当選確実の報を受け、山本太郎代表(右)と喜ぶれいわ新選組の木村英子氏=東京都千代田区で2019年7月22日午前1時15分、小川昌宏撮影

 参院議院運営委員会は29日の理事会で、参院選で「れいわ新選組」から初当選した重度身体障害者の木村英子氏(54)=比例代表=の要望に基づき、障害者総合支援法に基づく重度訪問介護の公費負担などについて、議論を始めた。30日に厚生労働省の担当者らを交えて勉強会を開き、対応策を検討する。

 木村氏は生後8カ月で頸椎(けいつい)を損傷。両足や左手がほとんど動かず車椅子生活を送っている。このため、障害福祉サービスの「重…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  4. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  5. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです