メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小池知事任期満了まであと1年 協調か、対立か 各党対抗馬擁立のめどなく

東京都知事選を巡る構図

 東京都の小池百合子知事の任期満了まで30日でちょうど1年となった。小池氏は来夏に予定される都知事選に立候補するか明言していないが、与野党各党は小池氏出馬を念頭に対応を検討している。ただ、小池氏は2016年知事選で約291万票を得て圧勝しており、各党は「対立」か「協調」か、明確な戦略を描けていない。

 「小池氏は客観的にも首都を代表する知事として活躍している。都民がどれだけ支援するかを見極めて、党として判断していきたい」。自民党の二階俊博幹事長は30日の記者会見で、小池都政を評価する考えを示した。旧新進党、旧保守党などを共に歩んだ「盟友」。小池氏が立候補すれば支援する考えをこれまでも公言してきた。

 一方、都議会で小池氏と対立する自民党都連は、二階氏の発言に「本当に迷惑だ」(都連幹部)と反発。都連は、6月に選考委員会を設け、独自候補の擁立を模索している。二階氏は「一義的には都連の意見を聞く」としつつも、「(選考委の)結果を見て判断する」と強調。小池氏に「勝てる候補」かどうかを見極める考えだ。

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  5. スタバ、9日から850店舗で休業 緊急事態宣言対象の7都府県

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです