メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院、れいわの2人の介助費用を当面負担決定

れいわ新選組2議員が大型の車いすを利用するため、バリアフリー化工事で3人分の座席が取り外された参院本会議場の議席(中央)=国会内で2019年7月29日、川田雅浩撮影

 参院議院運営委員会は30日の理事会で、参院選比例代表で初当選した重度身体障害者の舩後(ふなご)靖彦氏(61)と木村英子氏(54)=いずれもれいわ新選組=の議員活動に際し、必要な介助費用について、参院が当面負担することを決めた。国会への登院から議員としての活動、帰宅するまでの間が対象となる。

 末松信介議運委員長は理事会後、記者団に「党が負担することもあるかもしれない」と述べ、国会外での党務などを念頭に今後、費用分…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  3. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです