メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「国会の中から変えたい」 れいわ舩後さんと木村さんの初登院の1日

 7月の参院選を受けた臨時国会が1日召集され、れいわ新選組から初当選した難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者、舩後(ふなご)靖彦氏(61)と脳性まひで重度障害者の木村英子氏(54)が中央玄関をくぐって初登院を果たした。障害のある当事者としての強みをどこまで生かせるか。任期6年という新たな航海が始まった。【山下貴史、塩田彩/統合デジタル取材センター、佐藤慶/政治部】

 炎天下の国会正門前に、木村氏は午前9時ごろ到着した。ピンクの襟付きシャツとジャケットを着て電動車椅…

この記事は有料記事です。

残り1718文字(全文1952文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

  5. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです