メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民「参院でも統一会派を」立憲は保留 早くも溝

立憲民主党の枝野代表(左)と国民民主党の玉木代表

 国民民主党の玉木雄一郎代表は6日、立憲民主党から打診された衆院の統一会派結成に関し、衆参両院での結成を立憲に求めたことを明らかにした。広島市内で記者団の質問に答えた。しかし、立憲は参院の対応に関しては態度を保留しており、両党の溝が早くも表面化した格好だ。

 国民は5日、立憲からの打診を受け、急きょ開いた執行役員会で、衆参両院での統一会派結成を求めることを申し合わせた。平野博文幹事長は同日、立憲の福山哲郎幹事長に電話で役員会の意向…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パンデミックでない」WHO強調 新型コロナ感染拡大で危険性「最高」に引き上げ

  2. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです