メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民「参院でも統一会派を」立憲は保留 早くも溝

立憲民主党の枝野代表(左)と国民民主党の玉木代表

 国民民主党の玉木雄一郎代表は6日、立憲民主党から打診された衆院の統一会派結成に関し、衆参両院での結成を立憲に求めたことを明らかにした。広島市内で記者団の質問に答えた。しかし、立憲は参院の対応に関しては態度を保留しており、両党の溝が早くも表面化した格好だ。

 国民は5日、立憲からの打診を受け、急きょ開いた執行役員会で、衆参両院での統一会派結成を求めることを申し合わせた。平野博文幹事長は同日、立憲の福山哲郎幹事長に電話で役員会の意向…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです