メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉県知事選告示 新人5人が届け出 投開票は25日

埼玉県庁=さいたま市浦和区で2019年3月1日、内田幸一撮影

 任期満了に伴う埼玉県知事選が8日告示された。立憲民主、国民民主、共産、社民各党の県組織などが支援する無所属の元参院議員、大野元裕氏(55)▽無所属の元高校教諭、武田信弘氏(65)▽NHKから国民を守る党公認で医師の浜田聡氏(42)▽無所属で元会社員の桜井志津江氏(63)▽無所属のスポーツライター、青島健太氏(61)=自民、公明推薦=の新人5人が立候補を届け出た。与党が推薦する青島氏と野党各党の支援を受ける大野氏の実質的な与野党対決となる見通し。投開票は25日。

 現職で全国知事会会長を務める上田清司知事が不出馬を表明し、16年ぶりに新人同士の争いになった。上田…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文622文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです