メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自公、政権幹部が支援呼び掛け 野党4党、政党色薄める戦術 埼玉知事選告示

埼玉県庁=さいたま市浦和区で2019年3月1日、内田幸一撮影

 8日告示された埼玉県知事選(25日投開票)は、与野党の事実上の一騎打ちの構図となった。7月の参院選後初となる知事選で、与野党は秋の臨時国会や10月の参院埼玉選挙区補選もにらみ、テコ入れを図っている。

 参院選勝利の勢いを持続したい自民、公明両党は、無所属新人のスポーツライター、青島健太氏(61)を推薦。参院選後には、菅義偉官房長官ら政権幹部が相次いで埼玉入りし、支援を呼びかけた。

 自民党は4期16年務めた上田清司知事と県議会で対立。県政奪還が至上命令だ。二階俊博幹事長は6日の党…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文729文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです