メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「翔んで埼玉」で知事選投票率も「翔ぶ」? 選管が啓発ポスター

JRさいたま新都心駅構内に掲示された選挙啓発ポスター。漫画「翔んで埼玉」のキャラクターを起用している=さいたま市大宮区で2019年8月9日午前11時40分、畠山嵩撮影

 「埼玉県民には…!投票に行かせておけ‼」。8日に告示された埼玉県知事選(25日投開票)への関心を高めようと、県選挙管理委員会は、映画が大ヒットした漫画「翔(と)んで埼玉」のキャラクターを使った啓発ポスターを作製した。話題作にあやかって投票率も急上昇となるか。

 「翔んで埼玉」は、埼玉を「ディスる(けなす)」ギャグ漫画で、実写により今年映画化された。東京都内の超名門校の生徒会長が「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」と叫ぶシーンがあり、このセリフにちなんだポスターを仕立てた。

 8570部作り、県内86カ所の駅のほか、若者の投票率向上を狙って高校231校にも張り出している。県選管のツイッターやフェイスブックでも、漫画の登場人物を起用した動画を配信する。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  2. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 梨田昌孝さんが見た悪夢 「生きている感覚なかった」コロナとの50日の格闘

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです