メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

JRさいたま新都心駅構内に掲示された選挙啓発ポスター。漫画「翔んで埼玉」のキャラクターを起用している=さいたま市大宮区で2019年8月9日午前11時40分、畠山嵩撮影

 25日投開票の埼玉県知事選について、毎日新聞社は16~18日に県内の有権者を対象に電話世論調査を実施し、取材結果も加味して中盤情勢を探った。16年ぶりに新人同士の争いとなった選挙戦は、自民、公明が推薦するスポーツライターの青島健太氏(61)が、上田清司知事と立憲民主、国民民主、共産、社民の各県組織などが支援する元参院議員の大野元裕氏(55)を僅差でリード。大野氏が激しく追う展開となっている。他に出馬している3氏は支持に広がりを欠く。ただし5割弱が投票先を決めておらず、終盤に情勢が変わる可能性がある。

 調査は毎日新聞社、共同通信社など4社が合同で実施し、各社が共通のデータを独自に分析した。コンピュー…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文645文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  3. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです