メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

N国新宿区議の当選無効 区内に居住実態なかったと区選管

新宿区議会の入る新宿区役所本庁舎=東京都新宿区歌舞伎町1で、斎藤有香撮影

 東京都新宿区選挙管理委員会は2日、4月の統一地方選で初当選したNHKから国民を守る党の松田美樹区議(32)について、区内に居住実態がなかったとして、公職選挙法に基づき当選を無効とした。

 公選法は、市区町村議会選などの被選挙権は3カ月以上、その自治体に住むことが必要としているが、住んでいない人の立候補を拒む規定がない。

 区選管によると、松田氏は区内のアパートに住み、「寝泊まりしていた」と主張。しかし住んでいるとされた部屋は、松田氏が転入届を出したという昨年12月21日から今年3月20日まで水道使用量がゼロだった。ガス使用量も1、2月分がゼロで、区選管は「生活の本拠があったとは認めがたい」と判断した。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです