メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

N国新宿区議の当選無効 区内に居住実態なかったと区選管

新宿区議会の入る新宿区役所本庁舎=東京都新宿区歌舞伎町1で、斎藤有香撮影

 東京都新宿区選挙管理委員会は2日、4月の統一地方選で初当選したNHKから国民を守る党の松田美樹区議(32)について、区内に居住実態がなかったとして、公職選挙法に基づき当選を無効とした。

 公選法は、市区町村議会選などの被選挙権は3カ月以上、その自治体に住むことが必要としているが、住んでいない人の立候補を拒む規定がない。

 区選管によると、松田氏は区内のアパートに住み、「寝泊まりしていた」と主張。しかし住んでいるとされた部屋は、松田氏が転入届を出したという昨年12月21日から今年3月20日まで水道使用量がゼロだった。ガス使用量も1、2月分がゼロで、区選管は「生活の本拠があったとは認めがたい」と判断した。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 野党4党、会期延長動議提出へ 菅政権「逃げ切り」批判 自民は「しない」明言

  3. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

  4. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  5. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです