メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ポスト安倍」不在、細田派が次に育てるプリンスは?

 内閣改造・自民党役員人事を11日に控え、自民党最大派閥の細田派(97人)は4日、長野県軽井沢町のホテルで研修会を開いた。安倍晋三首相(党総裁)の出身派閥の細田派には「ポスト安倍」となる総裁候補が不在で、「その次」の候補として衆目の一致する人材もいない。今回の人事では、派内の後継育成に向けた首相の判断も注目されている。

 「我々の安倍首相が政権を維持するには、日本経済が順調にいくことが前提だ。そのためにも我々が一生懸命…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです