メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二階幹事長、岸田政調会長続投 首相方針 外相は茂木氏有力

自民党の岸田文雄政調会長=川田雅浩撮影

 安倍晋三首相(自民党総裁)は11日の内閣改造・党役員人事で、二階俊博幹事長と岸田文雄政調会長を続投させる方針を固めた。既に続投が固まっている麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官と合わせて、政権中枢の構造を維持する。複数の政府・与党幹部が明らかにした。河野太郎外相は交代の方向で、後任は茂木敏充経済再生担当相の横滑りが有力だ。政権の安定を重視して中枢は維持する一方、19人の閣僚の多くを交代させる大幅改造となる可能性がある。

 首相は4日、ロシア訪問に先立って岸田氏と約20分間、首相官邸で会談した。岸田氏はその後の記者団の取材に「いろいろな話をした」と述べるにとどめた。首相は二階氏とは3日の党本部での党役員会の直前に10分間会談。いずれも人事を協議したとみられる。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです