メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安定重視、骨格はそのまま 「ポスト安倍」争い号砲 内閣改造

 「安定と挑戦」を掲げた安倍晋三首相(自民党総裁)が行った内閣改造・党役員人事では、小泉進次郎環境相ら「ポスト安倍」候補者が居並ぶ陣容となった。ただ、内実を見れば、二階俊博幹事長や岸田文雄政調会長の幹事長ポストを巡るせめぎ合いなど主要派閥や側近らのはざまに立った首相が「安定」維持に苦心した形跡がにじむ。

この記事は有料記事です。

残り3060文字(全文3212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです