メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会保障、経済政策、外交安保…多くの課題にどう対応 内閣改造

初閣議に臨む安倍晋三首相(奥左端)、小泉進次郎環境相(右列手前)。奥右端は橋本聖子五輪担当相=首相官邸で2019年9月11日午後6時50分、川田雅浩撮影

 11日に発足した第4次安倍再改造内閣は、社会保障や経済政策、通商や外交・安全保障政策などで多くの課題を抱えている。まずは、10月1日の消費税率10%への引き上げ後の景気失速をどう回避するかが焦点だ。さらに、少子高齢化が進む中で給付と負担のバランスをいかに取るかも難しい調整となる。外交分野では「1965年の国交正常化以降で最悪」とまで言われる韓国との関係をどうしていくのかなどが問われており、内政、外交ともに難しい課題を抱えたままの出発となる。

この記事は有料記事です。

残り2916文字(全文3139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです