メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

馬淵、階両氏が野党統一会派入り表明 大串氏は立憲入党

統一会派への入会届を立憲民主党の安住淳国対委員長(中央)に提出した階猛氏(左端)と馬淵澄夫氏(左から2人目)=国会内で2019年9月24日午前10時46分、川田雅浩撮影

 無所属の馬淵澄夫(比例代表近畿ブロック)、階猛(岩手1区)両衆院議員は24日、国会内で記者会見し、立憲民主、国民民主両党と衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」などが結成する統一会派に入る意向を表明した。引き続き政党には所属せずに活動する。一方、無所属で立憲会派の大串博志衆院議員(佐賀2区)は同日付で立憲に入党した。

 馬淵、階両氏は会見後、立憲の安住淳国対委員長と面会し、会派入りの意向を伝えた。馬淵氏は記者団に「国…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 天気 東京、今年は「木枯らし1号」ない冬に 39年ぶり

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです