メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英、アイルランド国境問題で最終案 EU離脱後4年間「二つの境界」設定

ジョンソン英首相=AP

 英国の欧州連合(EU)離脱を巡る最大の懸案であるアイルランド国境問題で、英政府は2日、最終提案となる代替案を公表し、EUに提示した。農産物などについて、英領北アイルランドをEU単一市場のルール下に置き、グレートブリテン島(英本土)と北アイルランドの間でモノの流れをチェック。北アイルランドとアイルランド間では簡易な税関検査で済ませる内容だ。【ロンドン服部正法】

 ジョンソン英首相は2日、イングランド北西部マンチェスターで開かれた与党・保守党の党大会で演説し、離脱期限の10月31日に離脱する意向を改めて強調して、代替案の提示意向を明言した。提案の詳細には言及しなかったが「建設的で妥当なもので(英国とEUの)双方にとって妥協をもたらす」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  3. 「緊急事態宣言解除」 諮問委が了承 西村担当相「実施する必要なくなった」

  4. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  5. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです