メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、れいわ・舩後氏を「友人」 所信表明で「共に力を合わせよう」

安倍晋三首相が所信表明演説で「舩後靖彦さんの当選を友人としてお祝いする」と述べるのを聴く、れいわ新選組の舩後議員(右から2人目)=参院本会議場で2019年10月4日午後3時6分、奥村隆撮影

 「15年前、1人のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の方にお会いしました」。安倍晋三首相は4日の所信表明演説で、7月の参院選で初当選したALS患者でれいわ新選組の舩後靖彦参院議員(62)を「友人」と紹介し、1億総活躍社会の実現に向け「共に力を合わせていきたい」と訴えた。政権の基本方針を示す演説で現職の野党議員に言及するのは異例。この日は舩後氏の誕生日だった。

 首相は舩後氏について、40代でALSを発症した後も特製ギターを使ったバンド活動に励み、介護事業の経営に携わってきたとたたえ、「当選を、友人として、心よりお祝い申し上げる」と語った。そのうえで「多様性を認め合い、全ての人がその個性を生かすことができる」社会を共につくろうと呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです