メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

N国・立花氏「守りに入るより攻める」 補選出馬、脅迫事件との関連は否定

参院本会議の開会前に安倍晋三首相(右手前)に話しかけるNHKから国民を守る党の立花孝志党首(左)=国会内で2019年10月8日午前9時58分、川田雅浩撮影

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首は8日の記者会見で、参院埼玉選挙区補欠選挙(10日告示・27日投開票)で、元秘書に対して傷害と暴行容疑で書類送検され不起訴処分となった豊田真由子元衆院議員や、8月の埼玉県知事選に出馬し落選したスポーツライターの青島健太氏ら3人に出馬を打診したが、擁立に至らなかったことを明らかにした。

 立花氏は「(参院議員を辞めることについて)非常に悩んだが、守りに入るよりも攻める」と強調。「自らが(参院議員という)既得権益からいったん抜けることによって、意気込み、心意気を示すことにより、勝機がでてくるのではないか」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 講演で「トイレ汚い」きっかけ 大間々駅前のトイレ清掃 23年間休まず1200回

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 中国地方で大雨被害 島根・江の川が氾濫 広島では土砂崩れ、親子2人不明

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです