メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院埼玉補選告示 前知事の上田氏巡り与野党が綱引き

一票を託す有権者(イメージ)

 参院埼玉選挙区補選(改選数1)が10日告示され、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52)、無所属新人で前埼玉県知事の上田清司氏(71)が立候補を届け出た。N国を除く与野党各党は独自候補を擁立しなかったが、上田氏の出陣式には与野党幹部らが駆けつけた。各党とも選挙後に上田氏を取り込む戦略を描いており、27日の投開票日に向け早くも「綱引き」が始まっている。

 「二階俊博幹事長から『できる限り応援してこい』と言われて来た。上田さんと一緒に憲法問題をはじめ、いろいろな問題を議論し、結果を出したい」。自民党二階派の平沢勝栄広報本部長は10日、さいたま市での出陣式で強調した。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです