メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

1票の格差 国会に改めて課題 最高裁判決より厳しく判断

「違憲判断」などと書かれた紙を掲げる原告代理人の升永英俊弁護士(左から2人目)=高松市丸の内の高松高裁前で2019年10月16日午後2時15分、岩本桜撮影

 「画期的な判決だ」。判決言い渡し直後、高裁前で「違憲判断」と書かれた紙を広げた原告代理人の升永英俊弁護士は胸を張った。

この記事は有料記事です。

残り1670文字(全文1730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです