メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

参院予算委員会で自身の疑惑について答弁に向かう菅原一秀経済産業相=国会内で2019年10月15日午後2時18分、川田雅浩撮影

 地元有権者にメロンなどを贈ったとされる疑惑が国会で追及されている菅原一秀経済産業相(衆院東京9区)について、進退を問う声が与党内で広がっている。衆院経済産業委員会の与野党理事は23日、菅原氏に対する質疑を25日に行うことで合意したが、菅原氏の秘書が地元有権者に香典などを配った疑いが新たに浮上し、野党が追及姿勢を強めている。

 新たな疑惑は、菅原氏の秘書が今月、地元有権者の通夜が営まれた東京都練馬区の葬祭場に香典を持参したというもの。24日発売の週刊文春が報じる。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. 新型コロナ 夜空に祈る大輪、サプライズ花火 全国一斉、県内でも /群馬

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです