メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

与党も野党も「上田さ~ん」 参院埼玉補選 本人は「限界感じたら…」政党所属も

当選確実の一報を受け、支援者から花束を受け取る上田清司氏(左)=朝霞市西弁財で2019年10月27日午後8時22分、橋本政明撮影

 27日投開票された参院埼玉選挙区補選(改選数1)で初当選した無所属新人の上田清司・前埼玉県知事(71)に対し、与野党が秋波を送っている。上田氏は当面は無所属で活動する方針だが、将来的な政党所属には含みを持たせており、与野党とも取り込みを図ろうとしている。

 自民党の二階俊博幹事長は28日の記者会見で「実績からいって、当然の結果だ。党としても全面的に支えていく」と強調。上田氏の入党について「本人がどう考えるかだ。『お願いしたい』と言ってきたら、その時点で考える」と述べた。

 二階氏と上田氏は、旧新生党、旧新進党と歩んだ旧知の仲。自民党は補選で独自候補を擁立せず、二階派の平沢勝栄広報本部長らが応援に駆けつけるなど「側面支援」した。党内には、憲法改正議論に前向きな上田氏を「改憲勢力」として歓迎する向きもある。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  5. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです