メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政界再編の臆測も 大物新人の上田氏めぐり与野党綱引き 参院補選

当選から一夜明け、国政に臨む抱負などを語る上田清司氏=さいたま市浦和区の県庁で2019年10月28日午前11時39分、畠山嵩撮影

 「今の自分は永田町が十分に見えない。浦島太郎かもしれないので、丁寧にいろいろな方々の意見を聞いてみたい」

 参院埼玉選挙区補選の投開票から一夜明けた28日、初当選した上田清司氏(71)は埼玉県庁で記者会見し、16年ぶりに臨む国政への意欲を新たにした。上田氏は憲法改正の議論に前向きで、中央政界では衆院議員時代から築いた人脈も豊富。上田氏の今後の政治的立ち位置が、国政に影響を及ぼす可能性がある。

 選挙戦で上田氏は「知事の延長線上」として、「完全無所属」を掲げて戦った。しかし、与野党は告示前から上田氏の当選後を見据えた綱引きを繰り広げた。改憲を視野に上田氏と連携を取りたい思惑がある自民党本部は、独自候補を擁立しないことで「側面支援」した。これに対して立憲民主、国民民主両党の県連は「友情支援」を決め、野党側への引き留めを狙った。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  3. 「真の文武陵」異例の成果 奈良・中尾山古墳 陵墓指定なく調査可能

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです