メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

補選落ちても意気盛んな立花氏 N国に未来はあるのか

握手や写真撮影を求める聴衆らに囲まれる立花孝志氏(奥中央)=JR浦和駅前で2019年10月10日、山越峰一郎撮影

 参院埼玉選挙区補選では、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52)が出馬し、独自の選挙戦を展開した。落選したものの得票率は13%に達し「今後もばんばん首長選挙に出る」と、党勢拡大に向けた手応えと、各種選挙に立候補を重ねる意向を示した。「実験」「起業家的」「危うさを感じる」――。立花氏をウオッチングしてきた専門家は、参院補選の戦いぶりでN国の戦略が垣間見えたと分析する。

 立花氏は選挙戦で、「埼玉都民」が利用する東京・池袋駅前や県内の主要駅前で街頭演説を行い、動画でネット中継。NHKのスクランブル放送化に加え、既得権益の打破や「消費税5%」を主張の中心に据えて戦った。また選挙期間中にもかかわらず、神奈川県海老名市長選への立候補を表明して話題を呼んだ。

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 「参加自粛要請」でも返金せず 来年の参加料免除も苦渋の決断

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです