メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高知県知事選 野党結束 与党と対決、統一候補に共産系 次期衆院選へ布石

 7日告示の高知県知事選(24日投開票)は、与野党対決の構図で争われる。立憲民主党や国民民主党は、共産党系の無所属新人を「野党統一候補」として支援。次期衆院選での野党共闘につなげたい考えだ。一方、閣僚2人の辞任に揺れる与党は、与野党対決を制して態勢を立て直そうと意気込むが、足元の自民党高知県連に不安を抱える。【東久保逸夫】

この記事は有料記事です。

残り1293文字(全文1455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです