メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三原じゅん子氏「政権握るの総理だけ」発言に批判 「議院内閣制を分かっていない」

参院本会議で安倍晋三首相の問責決議案への反対討論をする自民党の三原じゅん子氏=国会内で2019年6月24日、川田雅浩撮影

 自民党の三原じゅん子参院議員が党女性局の役員人事に関連し、ツイッターで「政権を握っているのは総理大臣だけ」などと発言したことが波紋を広げている。SNS上では「議院内閣制を分かっていない」「安倍首相による独裁国家だったのか」などと批判が相次ぎ、識者も「言葉に対する敏感さが足りない」と苦言を呈する。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1435文字)

牧野宏美

2001年入社。広島支局、大阪社会部、東京社会部などを経て19年5月から統合デジタル取材センター。広島では平和報道、社会部では経済事件や裁判などを担当した。障害者や貧困の問題にも関心がある。温泉とミニシアター系の映画が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです