メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票の格差訴訟 名古屋高裁でも参院選合憲判決

 「1票の格差」が最大3・00倍だった7月の参院選を巡り、愛知、岐阜、三重の3人の有権者が選挙無効を求めた訴訟で、名古屋高裁(戸田久裁判長)は7日、「合憲」と判断して原告の請求を棄却した。原告側は即日上告した。

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  5. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです