メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票の格差訴訟 名古屋高裁でも参院選合憲判決

 「1票の格差」が最大3・00倍だった7月の参院選を巡り、愛知、岐阜、三重の3人の有権者が選挙無効を求めた訴訟で、名古屋高裁(戸田久裁判長)は7日、「合憲」と判断して原告の請求を棄却した。原告側は即日上告した。

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. フィギュアスケート NHK杯 高橋、34歳の新世界 アイスダンス初公式戦 「上出来」の2位発進

  3. 視聴室 十三人の刺客

  4. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  5. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです