メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石破元幹事長の言葉が浮き彫りにした「桜を見る会」の本質とは 公的行事を利用してきた自民党

首相主催の「桜を見る会」で美濃部亮吉都知事(中央右)と握手を交わす佐藤栄作首相夫妻(同左)。左端は保利茂官房長官=東京都新宿区の新宿御苑で

 安倍晋三首相が自身の後援会関係者を多数招いたとして批判を受けている首相主催の「桜を見る会」。だが、首相のみが問われる問題なのだろうか。自民党の石破茂元幹事長が11日夜、記者団に語った発言が「本質」を物語っていた。

 「自分の後援者を桜を見る会に行かせてあげたいなと、当選1回、2回の方がもっと思っているかもね。そういう枚数があったら、期数の若い人にあげたい。私自身はそう思ってきた」

 石破氏は同日、東京都内のホテルで開かれた自らの政治資金パーティー後、桜を見る会について記者団にこう…

この記事は有料記事です。

残り1313文字(全文1554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです