メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来年1月の大津市長選、越市長立候補せず「全身全霊尽くし悔いはない」

市長選への不出馬と政界引退を表明し、2期8年を振り返る大津市の越直美市長=大津市におの浜1のピアザ淡海で2019年11月14日午後3時40分、成松秋穂撮影

 大津市の越直美市長(44)は14日、大津市内で記者会見し、任期満了に伴う市長選(来年1月12日告示、同19日投開票)に立候補せず、政界を引退すると表明した。越氏は「子育て支援の施策を充実させ『大津に住む人を増やす』という一番の目標を達成できた。全身全霊を尽くし、悔いはない」と晴れやかな表情で語った。

 越市長は2012年、旧民主党などの推薦を受けて自民、公明両党推薦の現職らを破り初当選。16年市長選は政党からの推薦を受けず、3新人を破って再選を果たした。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  3. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  4. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  5. 小中学校全面再開延期、屋内施設はすべて休館…北九州市で26人感染確認

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです