メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て・いじめ対策で「越カラー」 行財政改革には反発も 大津市長、立候補せず

市長選の不出馬と政界引退を記者会見で表明する大津市の越直美市長(右)=大津市におの浜1のピアザ淡海で2019年11月14日午後4時18分、成松秋穂撮影

 史上最年少の女性市長として2012年に就任した大津市の越直美市長(44)は、女性ならではの視点を反映した「越カラー」の施策を推進してきた。一方、厳しい財政状況を背景にした行財政改革には、一部の市民から反発を招くこともあった。越市政の2期8年を振り返った。

 「越氏の最大の功績」(市関係者)とされる施策は、子育て対策と女性の活躍推進だ。

 小学3年生までが対象だった子どもの医療費助成は小学6年生まで拡充。認可保育所などに申し込んでも入れない「待機児童」の解消などを図るため、3歳児から受け入れる「3年保育」を17年度から順次、市立幼稚園に導入している。来年1月からは市立中学校の全校で給食が提供されるなど、子育て世代を応援する施策が並ぶ。女性の活躍推進でも、司令塔的な役割を果たす「女性力室」を庁内に新設した。

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです