メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院静岡5区“敵・細野豪志氏支援” 自民支部「地元無視だ」 二階幹事長へ怒り

支持者らと乾杯する細野豪志氏(左)や二階俊博・自民党幹事長(右)=静岡県沼津市で2019年11月11日午後8時10分、古川幸奈撮影

 自民党の二階俊博幹事長が11日、衆院静岡5区の現職、細野豪志氏の会合に出席し、細野氏を応援する姿勢を鮮明にした。5区内の市町の自民党支部長は15日、二階幹事長を批判する抗議文を竹内良訓・党県連幹事長に提出。5区支部長の現職、吉川赳氏(比例東海)を一丸となって支援すると表明した。台風被害などで年内の衆院解散説は下火になったと言われる中で、現職同士の熱い前哨戦が続いている。

 「細野さんという立派な政治家がこの地を引き継いでくれる。細野陣営にはせ参じることを約束します」。二階幹事長は11日、沼津市で開かれた会合で、無所属のまま二階派入りしている細野氏への支援を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1286文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです