メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無所属新人・江原氏勝利 山口・長門市長選 五輪キャンプ誘致見直しへ

江原達也氏=山口県長門市東深川で2019年10月8日午後2時半、遠藤雅彦撮影

[PR]

 任期満了に伴う山口県長門市長選は17日、投開票された。いずれも無所属で、新人で元市議の江原達也氏(56)が、3選を目指した現職の大西倉雄氏(69)=自民、公明推薦=を破って初当選を果たした。当日有権者数は2万9176人(男1万3357人、女1万5819人)。投票率は62・57%だった。

 支援者らが詰めかけた同市東深川の事務所に当選の一報が届くと、一斉に拍手と歓声が上がった。

 3選を目指す大西氏に江原氏が挑み、8年ぶりの選挙戦となった。

 江原氏は「市政に市民の声が届いていない」と、市役所新庁舎などの「ハコモノ行政」を進めた大西市政を批判。市内で9月にあったラグビー・ワールドカップのカナダ代表のキャンプの経済効果に疑問を示し、来年の東京五輪・パラリンピックのキャンプ地誘致は「ラグビーキャンプの費用対効果を検証した上で見直す」と主張して支持を広げた。

 大西氏は「8年前から市の課題を一つずつ克服してきた」と実績を強調し、自民、公明の推薦を得て組織を活用した選挙戦を展開したが及ばなかった。【遠藤雅彦、平塚裕介、堀菜菜子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです