メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲や国民、衆院選での共闘をにらみ異例の共産党系支援 高知知事選

高知県庁=高知市丸ノ内1で2019年2月21日、郡悠介撮影

 与野党一騎打ちの構図で24日に投開票された高知県知事選は、各党の党本部も力を入れる展開となった。立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党は「野党統一候補」として擁立した無所属新人、松本顕治氏(35)に「十分勝機がある」とみて続々と幹部を投入。松本氏は共産党員で、共産系候補を他の野党がそろって応援するのは異例だ。野党側には、次期衆院選の各選挙区での野党候補の統一に向け、協力する姿勢を互いに示す思惑もあった。

 立憲と国民は松本氏が共産党籍を保ったままのため「県連推薦」にとどめたが、立憲の枝野幸男、国民の玉木雄一郎両代表が高知入り。枝野氏は21日に共産の志位和夫委員長と高知市内で並んで街頭演説し、「桜を見る会」を念頭に「権力、税金を私物化する政治を変えねばならない。だから党派を超えて応援している」と訴えた。国民の小沢一郎氏、無所属の野田佳彦前首相らも応援に入った。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです