メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高知県知事選敗北 野党、共闘維持を強調 「共産系」限界論も

 与野党の一騎打ちとなった24日投開票の高知県知事選は、与党系の浜田省司氏(56)=自民、公明推薦=が、共産党員で無所属の松本顕治氏(35)=共産、社民、立憲民主県連、国民民主県連推薦=を約6万票の大差で破った。野党内には「共産党系の限界」との指摘も出ているが、各党執行部は互いの信頼関係を深める成果があったとして、「共闘路線」を維持する方針だ。一方、与党は首相主催の「桜を見る会」の影響は小さかったとして胸をなで下ろしている。

この記事は有料記事です。

残り1421文字(全文1636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超 新型コロナ

  3. 気づいたら缶ビール30本 コロナ禍でアルコール依存悪化 断酒会開けず

  4. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです