メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「1票の格差」再び合憲判断 広島高裁

 「1票の格差」が最大3・00倍だった今年7月の参院選の定数配分は法の下の平等を定めた憲法に違反するとして、弁護士グループが広島選挙区の選挙の無効を求めた訴訟の判決で、広島高裁(三木昌之裁判長)は26日、「合憲」と判断し、原告の請求を棄却した。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです