メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲が参院国民に合流根回し 参院選競合のしこり乗り越え「雪解け」なるか

立憲民主党の福山哲郎幹事長=川田雅浩撮影

 立憲民主党が、国民民主党との年内合流を目指し、「合流慎重派」が多い参院国民の根回しに乗り出している。立憲側は合流の利点を強調するが、7月の参院選を巡る立憲の対応への反発が根強い参院国民から、前向きな姿勢は引き出せていない。

 「参院を早く雪解けさせるべきだ。参院立憲も何とか考えてほしい」。国民の平野博文幹事長は26日夜、立憲参院議員の福山哲郎幹事長と東京都内で合流について意見交換し、注文を付けた。福山氏は黙って聞いていたという。

 両党の参院側には、参院選で競合したしこりが残る。衆院側と同じく今国会から統一会派を組んだものの、いまだに合同の議員総会を開けていない。国民の榛葉賀津也・参院幹事長は26日の記者会見で、立憲との合流の見通しを問われ、「国民民主党が魅力ある塊にならなければいけない。他党のことは分からない」とそっけなく答えた。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです