メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宍戸錠さん死去「エースのジョー」「渡り鳥」シリーズ

二階氏代表の自民支部、違法行為で処分の業者から献金 3年間で計54万円

自民党の二階俊博幹事長=2019年11月18日、川田雅浩撮影

 自民党幹事長の二階俊博衆院議員=和歌山3区=が代表を務める政党支部が、違法行為で処分を受けた複数の業者から企業献金を受けていたことが、政治資金収支報告書の記載などで判明した。役員の飲酒運転で事業許可が取り消された建設業者や、違法残業で罰金刑を科された運送業者から、2016~18年の3年間で計54万円を受け取っていた。専門家は「道義的に望ましくなく、返金すべきだ」と指摘している。

 和歌山県日高川町の建設業者は当時の代表取締役が酒気帯び運転をしたとして、14年4月、道交法違反罪で懲役10月、執行猶予5年の有罪判決が確定した。県は法令で定める「欠格要件」に該当するとして、18年11~12月、同社の産業廃棄物処理業と建設業の許可を取り消した。

 収支報告書によると、二階氏が代表を務める「自民党和歌山県第3選挙区支部」は16~18年、同社から毎月5000円ずつ、計18万円を受領していた。

 和歌山市の…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文893文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです