メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜を見る会「私自身の責任で招待基準を明確化」 安倍首相会見詳報

記者会見に臨む安倍晋三首相(中央)=首相官邸で2019年12月9日午後6時、長谷川直亮撮影

 安倍晋三首相は9日、臨時国会閉会を受けて記者会見した。約33分間の記者会見のうち、冒頭13分で臨時国会の成果を強調。質疑応答は約20分で、「桜を見る会」を巡る質問には従来通りの説明を繰り返した。主な内容は以下の通り。

<冒頭発言>

 本日、臨時国会が閉会した。この国会では米国との貿易協定が承認された。国益にかなう結果が得られたと考えている。

 本年発効したTPP11(環太平洋パートナーシップ協定)、欧州とのEPA(経済連携協定)もあわせれば、世界経済の6割、GDP(国内総生産)で5000兆円を上回る自由で公正なルールに基づくマーケットが誕生する。その中心にいるのが日本だ。海外の新しい市場へのチャレンジを力強く後押しする。農林漁業者の生産基盤強化に取り組み、若い人たちが未来を託せる農林水産新時代を切り開いていく。

この記事は有料記事です。

残り1794文字(全文2152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです