メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜を見る会」問題、ストレスに? 午後の菅官房長官会見詳報

菅義偉官房長官=首相官邸で2019年11月27日午後4時48分、川田雅浩撮影

 首相主催の「桜を見る会」に関連し、12日午後の菅義偉官房長官の記者会見でも、質問が続いた。「今年の漢字」に「令」が選ばれたこの日。関連して「桜」という文字への感想を問われ、「見たくも聞きたくもない」と苦笑い。「紙媒体」と答えるところを「桜媒体」と言い間違えて回答するなど、この問題が大きなストレスになっているようだ。主なやりとりは以下の通り。【統合デジタル取材センター/政治部】

――毎年恒例の「今年の漢字」が先ほど発表され、「令」という字が選ばれた。令和の時代、消費増税などの法令改正、災害時の警報などの発令などを踏まえたということだが、ご所感あればお願いします。

 ◆まあ確かに今年は私自身、歴史的な巡り合わせの、元号発表に携わることができたと思ってます。そうした意味で私にとっては多分「令」か「和」じゃないかなと思ってたんですけど、まあ「令」が選ばれたということでありますけど、なるほどなというふうに思います。

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです