メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業向け減税、年数十億円規模 成長戦略を支援 20年度与党税制改正大綱決定

 自民、公明両党は12日、2020年度与党税制改正大綱を決定した。ベンチャー企業への出資や、次世代通信規格「5G」への投資を後押しするための企業向けの減税が主な柱で、今回の改正によって国・地方合わせて年数十億円規模の減税となる見通し。安倍政権の成長戦略を税制面から支える狙いだが、今年10月に消費税を増税した直後のため、小幅な改正にとどまった。

 今年秋に就任した甘利明・自民税制調査会長は「内部留保の活用を通じた大企業の活性化」を掲げ、企業減税を推進。12日の記者会見で「時代の変化に対応する課題先取り型の税調になった」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相、一律10万円「あれは政府の借金、さらに増やすのか」 再支給に否定的

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  5. 東京都内で新たに1175人の感染確認 重症者は158人 新型コロナ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです