メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、因縁の会場で講演 「桜」前夜祭には言及せず

 安倍晋三首相は13日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニの「鶴の間」で講演した。4月12日に首相後援会主催で「桜を見る会」前夜祭が行われた因縁の場所。首相は「臨時国会ではこの1カ月、桜を見る会の議論が集中した」と見る会には言及したが、明細書がないため会計処理の不透明さが残ったままの前夜祭には触れなかった。

 首相は「一昨年と昨年はモリカケ(森友学園、加計学園)問題。今年の春は統計の問題。この秋は桜を見る会」と、国会で野党から追及されたさまざまな案件を挙げた。そのうえで「この3年ほどの間、国会では政策論争以外の話に多くの審議時間が割かれ、国民に大変申し訳ない」と陳謝した。

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです