メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、因縁の会場で講演 「桜」前夜祭には言及せず

 安倍晋三首相は13日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニの「鶴の間」で講演した。4月12日に首相後援会主催で「桜を見る会」前夜祭が行われた因縁の場所。首相は「臨時国会ではこの1カ月、桜を見る会の議論が集中した」と見る会には言及したが、明細書がないため会計処理の不透明さが残ったままの前夜祭には触れなかった。

 首相は「一昨年と昨年はモリカケ(森友学園、加計学園)問題。今年の春は統計の問題。この秋は桜を見る会」と、国会で野党から追及されたさまざまな案件を挙げた。そのうえで「この3年ほどの間、国会では政策論争以外の話に多くの審議時間が割かれ、国民に大変申し訳ない」と陳謝した。

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです