メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

記者会見で質問に答える菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月13日午後6時8分、川田雅浩撮影

 菅義偉官房長官は13日午後の記者会見で、時事通信の世論調査で内閣支持率が急落したことについて「結果を謙虚に受け止める」と語った。支持率急落は、首相主催の「桜を見る会」を巡る問題が影響したとの見方が広がっている。主なやり取りは以下の通り。【統合デジタル取材センター/政治部】

 ――12月の時事通信の世論調査で、安倍内閣の支持率が先月から7・9ポイント減少し40・6%、不支持率が5・9ポイント増加して35・3%となりました。この結果の受け止めを。

 ◆まあ、世論調査については個別のコメントは従来通り差し控えますが、結果を謙虚に受け止めて、国民の皆さんに耳を傾けながら一つ一つの課題に取り組み、成果を出して、ご理解を得ていきたい。こういうふうに思っています。

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです