メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪と都知事選、体育館奪い合い

今年4月の統一地方選で区長・区議選の開票所となった東京都墨田区総合体育館。来年の知事選では五輪と重なり使えなくなった=同区提供

 任期満了に伴う東京都知事選が、2020年東京五輪の開幕直前となる7月5日投開票に決まり、都内の自治体が開票所の確保に苦心している。選挙日程が出場各国の事前キャンプや公式練習と重なり、開票所にするはずの体育施設が塞がるためだ。各自治体は、キャンプ日程をずらしてもらう交渉をしたり、代替施設を探したりと対応に追われている。【森健太郎】

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  5. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです