メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

都知事選まで半年、見えぬ対抗馬 小池氏、地ならし着々

東京都議会自民党のパーティーで「都政の奪還」を訴える高島直樹都連幹事長(右)=東京都新宿区のホテルで昨年12月、内田幸一撮影

 東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)まで半年を切り、与野党は小池百合子知事(67)の再選出馬を念頭に準備を進めている。しかし自民党は、小池氏の「盟友」である二階俊博幹事長と、“小池憎し”の都連とで足並みが依然そろわないまま。野党も統一候補擁立を模索するが、立憲民主、国民民主両党の支持組織である連合東京が小池氏支持に傾くなど一枚岩になっていない。

この記事は有料記事です。

残り2181文字(全文2360文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「こんな日が来るとは」 大相撲・大栄翔の埼玉出身力士初Vに県民歓喜

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです