メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民と合流「立憲を存続政党に」 枝野氏の確認事項案が判明

立憲民主党常任幹事会であいさつする枝野幸男代表(奥中央)=国会内で2020年1月14日午後3時2分、川田雅浩撮影

 立憲民主党の枝野幸男代表が、国民民主党の玉木雄一郎代表との合流協議で示した確認事項案の全容が14日判明した。立憲を存続政党とし、「合併」後に速やかに参院会長選を実施して参院での信頼醸成に努めることなど計10項目で、2019年12月末に両党の幹事長間で合意した内容がベースとなっている。ただ、10日の党首会談で玉木氏はこの案に応じておらず、先行きは見通せない状況だ。

 確認事項案は、14日の立憲の役員会と常任幹事会で配布された。新党では、国民が掲げる「自由」「共生」「未来への責任」を理念とし、「保守、リベラルという既存の枠を超え、多くの国民を包摂することを目指していく」と明記。衆参両院が一体となった合併や、次期衆院選では各議員が小選挙区と比例代表に重複立候補し、比例順位は同一とすることなどが盛り込まれている。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 昨年に続き「山口県の総理大臣展」 山口県、安倍前首相は写真108点で別途紹介

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 新型コロナ関連の解雇6万人超す 20日余りで1万人増 厚労省

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです