メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19年参院選、法定超す報酬 公選法違反容疑 河井案里議員事務所など捜索

河井案里参院議員の事務所に家宅捜索に入る広島地検の係官ら=広島市中区で2020年1月15日午前11時27分、手呂内朱梨撮影

[PR]

 自民党の河井克行前法相(衆院広島3区)の妻で、同党の河井案里参院議員(広島選挙区)の陣営が、初当選した2019年の参院選で法定上限を超える報酬を運動員に支払った疑いが浮上している問題で、広島地検は15日、公職選挙法違反容疑で広島市内にある克行氏と案里氏のそれぞれの事務所を捜索した。

 広島県内の有権者や、大学教授らが同法違反容疑で夫妻の告発状を地検に出していた。

 公選法は、車上運動員1人に支払える報酬の上限を日当1万5000円と定めている。19年7月の参院選で案里氏の陣営が、この2倍にあたる日当3万円を13人に渡したとする疑惑が報じられたのを受け、克行氏は同10月に法相を辞任していた。夫妻は「説明責任を果たす」としていたが、以降は公の場に姿を見せていない。【手呂内朱梨】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです